キューケースを作ってみた

公開日: : 最終更新日:2018/01/27 ビリヤード

Pocket

SPONSORED LINK<

ビリヤードのキューを入れるキューケースを自分で作ってみた。

ビリヤードのキューケースって、高価なキューを守るためにハードケースになっていたり、クッション材を入れてあったりで、重くて値段が高い。

いつも、もっと簡単で値段の安いキューケースはないかと思っていたので、自分で作っちゃいました。

2バット、2シャフトとジャンプキューも入れられます。

当然、一本だけ入れても小さく丸められるので無駄にかさばりません。


ジャンプキューを入れるところの余ったところには小物入れを。

どうですか?オーダーメイドで作製しています。

製作依頼は、コメントのところからお願いします。非公開にしますので。

スポンサードリンク

関連記事

ビリヤードのキューのグリップをこんなんにしてみた

今回はビリヤードのキューのグリップ。 ノーラップのグリップや糸巻きのグリップで気分転換に革巻きにした

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

母の日のプレゼントにバラの花束を作ってみた

母の日のプレゼントに子供と一緒にバラの花束を作ってみました。

サッカーボールのネーム入れ格安で承ります!

サッカーボールのネーム入れ始めました。 以前の記事でも紹介したネ

サッカーボールにマーキングをしてみた

サッカーボールにマーキングをしてみた。 ボールに名前を入れたりチ

香川県のビリヤード場「ビリヤードだっく」に行ってきた。

香川県にあるビリヤード場「ビリヤードだっく」に行ってきました。

キューケースを作ってみた

ビリヤードのキューを入れるキューケースを自分で作ってみた。 ビリ

→もっと見る

PAGE TOP ↑